ビールとウィスキーと世界のお酒

新しい写真

insyoku

アルコール度数

beer

最古

カテゴリー

アルコール

whisky

日本では、一般的にアルコール飲料全般を「酒」と呼びます。
アルコールの多くは果実や穀物を発酵させることで得ることが出来ます。
アルコールという言葉がどこから発生した言葉なのか、その起源ははっきりしていません。
しかし、現在ではアルコールという単語は、世界中の様々な国で広く用いられています。
例えば、英語やオランダ語、スペイン語ではalcoholと表記し、イタリア語やフランス語ではではalcoolと表記されます。
上記のような、表記の違いはありますが多くの国でアルコールという言葉は共通で使われる傾向にあります。

日本酒

日本で酒と言った場合、アルコール飲料全般を示す傾向がありますが、日本酒のことだけを指す場合もあります。
日本酒は日本古来のアルコール飲料で、米を原料とします。
原料となる米は醸造用玄米と呼ばれ、通常食べる種類の米とは異なっています。
醸造用玄米は現在は日本中で作られ、様々な種類の米が用いられます。
特に、山田錦、五百万石、美山錦などは全国的に有名です。
世界的にも徐々に輸出が始まり、ライスワインやSakeという名前で呼ばれることが多いです。
特に、Sakeという名前は一般的で海外の日本料理店でも特に好まれる傾向にあります。

種類

wine

酒の種類は、醸造と蒸留の2種類に大別することが出来ます。
醸造の場合は、酵母の発酵に任せてアルコールを発生させるので、アルコール度数は低めとです。
ビールやワイン等が醸造の代表的なものです。
一方蒸留の場合は、醸造してできたアルコール飲料を濃縮させるためアルコール度数は高いとされます。
ウィスキーやブランデー等が蒸留の代表的なものとされます。


おすすめサイト

色んな種類のワインを買取してくれる店舗はこちら(買蔵)